経済

橘玲『上級国民/下級国民』

【本の紹介】

 

いやぁー,おもしろかったです!

一気に読んでしまいました。以下,ネタバレ注意です。

1 「PART1 『下級国民の誕生』」

平成が『団塊の世代の雇用(正社員の既得権)を守る』ための30年だったとするならば,令和の前半は『団塊の世代の年金を守る』ためのの20年になる以外にありません。」(同書73頁)

「2040年には…現役世代1.5人で高齢世代1人を支えることにな」るとき(同書74頁),現役世代が高齢世代と同様の生活をするためには2000万円必要,というのが金融庁の報告でした。

当然,シルバー民主主義ですから,年金の受給年齢や額を根本的に変えることもできないんでしょう。若年層はがんばって2000万円作らないとです。

2 「PART2 『モテ』と『非モテ』の分断」

現代日本社会において,『下流』の大半は高卒・高校中退の『軽学歴』層なのです。」(同書85頁)

幸福感に関する調査をもとに,(大卒)学歴による『モテ』と『非モテ』の分断を論じています。

我々が実感として持っているけれどいいにくいことを統計やアンケートをもとに論じているパートで,ショッキングながらも,みんなわかってる話でした。

3 「PART3 世界を揺るがす『上級/下級』の分断」

「…こうして先進国のマジョリティは2つの階層に分断されます。イギリスのジャーナリスト,デイヴィッド・グッドハートはこれを『エニウェア族…』と『サムウェア族…』となずけました。

エニウェア族は,仕事があればどこにでも移動して生活ができるひとびとです。地元を離れて大学に進学し,そのまま都市の専門職に就き,進歩的な価値感をみにつけ,成果主義や能力主義に適応しています。グローバル化や欧州統合に賛成し,移民の受け入れや同性婚にも寛容です。

一方,サムウェア族は,中学・高校を出て地元で就職・結婚して子どもを育てているひとたちです。個人の権利よりも地域社会の秩序を重視し,宗教や伝統的な権威を尊重する『ふつうのひとびと』だとされます。

イギリスのブレグジットによって明らかになったエニウェア族とサムウェア族の分断は,現代社会が人種や民族,宗教によって胃分断されているわけではないことを示しています。

知識社会では,ひとびとは『知能』によって分断されるのです。」(同書215から216頁)

「東アジアでは,『日本人』『韓国人』『中国人』などののナショナル・アイデンティティを誇示するひとたちが増えています。

…彼らは互いに憎みあっていますが,ナショナリズム(国)に過剰にこだわる点でとてもよく似ています。

その一方で,…グローバル企業で働く日本人は,国内の『ネトウヨ…』よりも韓国や中国のリベラルなビジネスパーソンに親近感を抱くでしょう。」(同書217頁から218頁)

 

世界的な「分断」に関する本パートです。すごく腑に落ちました。

乱暴に言って,「地元のひととあんまり話が合わないなー」というあの感覚です。

それから,私は以前シンポジウムで韓国の弁護士と話をしたとき,「韓国の上流層は反日感情ってないんだなー」と感じました。あの感覚です。

世界で起きているマジョリティの分断について,1つの説明がなされ,私は身近な感覚として理解できました。

 

出口治明『知的生産術』

【本の紹介】

出口治明『知的生産術』(日本実業出版社・平成31年)

ライフネット生命の創業者の一人で,現立命館アジア太平洋大学学長の出口先生の本です。

出口先生は世界史にも造詣が深く,よく好きで本を買います。この本は主として仕事についての先生の考え方がかかれています。

 

「ビジネス上のイノベーションのほとんどは,既存知の組み合わせです。知識が豊富にあるだけでは,新しいものを生み出すことはできません。

豊富な知識を自分の頭の中でさまざまに組み合わせ,それを外に向けて発信する力(アウトプットする力)がこれからは何よりも求められるのではないでしょうか。

イノベーションは,前述したように既存知の組み合わせですが,『既存知間の距離が遠いほど劇的なイノベーションが生まれる』という法則があります。」(同書56頁)

私は弁護士で,特に知的財産やIT系の法務が好きなんですが,

法律以外のことも含めて知識を涵養することと,「これとこれをこういうふうに掛け合わせたら面白いんじゃないかな」という視点を常に持っていたいと思います。

法律の世界でも,ある分野の視点や理論が別のところで役に立ったりするものです(専門特化にも弊害がある,ともいえます。)。

「そんなばかな!」という突拍子もない組み合わせが,案外革新的なものだったりするんですが,実は昔からあったことだったりもしますね。

 

 

令和元年9月30日追記

「『怒る人間はみんなバカである』…

●人間は必ず①か②のどちらかに入る。

①意欲があってそこそこ賢い人…相手が「意欲があってそこそこ賢い人」の場合は,怒る必要がない。なぜなら,『ここがよくないね』と指摘さえすれば,あとは自力で矯正できるから

②意欲もなく,賢くもない人…相手が「意欲もなく,賢くもない人lの場合も,怒ってはいけない。なぜなら,怒られている理由を理解できず,怒られている事実だけを恨みに思うから。

●相手が①の場合も,②のの場合も,『怒る』という行動は,相手をポジティブに動かすことがない。

●ゆえに,『怒る人間は,みんなばかである』。」(同書233頁)

部下に怒ることの不合理性(損得勘定でマイナス)を説いた個所で,すごく好きです。

『怒らないコツ』では,「感情」でなく「勘定」という言い回しよかったです。

加藤俊徳『脳が知っている 怒らないコツ』