政治

橘玲『上級国民/下級国民』

【本の紹介】

 

いやぁー,おもしろかったです!

一気に読んでしまいました。以下,ネタバレ注意です。

1 「PART1 『下級国民の誕生』」

平成が『団塊の世代の雇用(正社員の既得権)を守る』ための30年だったとするならば,令和の前半は『団塊の世代の年金を守る』ためのの20年になる以外にありません。」(同書73頁)

「2040年には…現役世代1.5人で高齢世代1人を支えることにな」るとき(同書74頁),現役世代が高齢世代と同様の生活をするためには2000万円必要,というのが金融庁の報告でした。

当然,シルバー民主主義ですから,年金の受給年齢や額を根本的に変えることもできないんでしょう。若年層はがんばって2000万円作らないとです。

2 「PART2 『モテ』と『非モテ』の分断」

現代日本社会において,『下流』の大半は高卒・高校中退の『軽学歴』層なのです。」(同書85頁)

幸福感に関する調査をもとに,(大卒)学歴による『モテ』と『非モテ』の分断を論じています。

我々が実感として持っているけれどいいにくいことを統計やアンケートをもとに論じているパートで,ショッキングながらも,みんなわかってる話でした。

3 「PART3 世界を揺るがす『上級/下級』の分断」

「…こうして先進国のマジョリティは2つの階層に分断されます。イギリスのジャーナリスト,デイヴィッド・グッドハートはこれを『エニウェア族…』と『サムウェア族…』となずけました。

エニウェア族は,仕事があればどこにでも移動して生活ができるひとびとです。地元を離れて大学に進学し,そのまま都市の専門職に就き,進歩的な価値感をみにつけ,成果主義や能力主義に適応しています。グローバル化や欧州統合に賛成し,移民の受け入れや同性婚にも寛容です。

一方,サムウェア族は,中学・高校を出て地元で就職・結婚して子どもを育てているひとたちです。個人の権利よりも地域社会の秩序を重視し,宗教や伝統的な権威を尊重する『ふつうのひとびと』だとされます。

イギリスのブレグジットによって明らかになったエニウェア族とサムウェア族の分断は,現代社会が人種や民族,宗教によって胃分断されているわけではないことを示しています。

知識社会では,ひとびとは『知能』によって分断されるのです。」(同書215から216頁)

「東アジアでは,『日本人』『韓国人』『中国人』などののナショナル・アイデンティティを誇示するひとたちが増えています。

…彼らは互いに憎みあっていますが,ナショナリズム(国)に過剰にこだわる点でとてもよく似ています。

その一方で,…グローバル企業で働く日本人は,国内の『ネトウヨ…』よりも韓国や中国のリベラルなビジネスパーソンに親近感を抱くでしょう。」(同書217頁から218頁)

 

世界的な「分断」に関する本パートです。すごく腑に落ちました。

乱暴に言って,「地元のひととあんまり話が合わないなー」というあの感覚です。

それから,私は以前シンポジウムで韓国の弁護士と話をしたとき,「韓国の上流層は反日感情ってないんだなー」と感じました。あの感覚です。

世界で起きているマジョリティの分断について,1つの説明がなされ,私は身近な感覚として理解できました。

 

橋下徹『実行力』

【本の紹介】

橋下徹『実行力』(PHP新書・令和元年)

最近売れているこの本について,気になった点をコメントします。

1 リーダーの仕事について

「リーダーの仕事は,部下を『やる気』にさせること」

「僕が痛感したのは,『組織は口で言っても動かないが,何かを実現させるとメンバーの意識が劇的に変わる』ということです。今まで『できない』と思っていたことが『できる』という成功体験に変わると,エンジンがかかります。」

「…部下の意識改革をしようとするなら,小さな『改善』だけでゃなく,メンバーに衝撃を与えるようなことを実現させることが必要です。」(同書98頁から99頁)

最近,そういう仕事ができているかなー

…と,胸に手を当てて考えてしまいました。

 

 

2 優れたビジョン

「優れたビジョンは,簡潔で具体的」

トランプ大統領の減税政策について「最初はA4のたった一枚の紙から始まっています。優れたリーダー・トップの方針というものは,簡潔で具体的で,『それがあるからこそ組織が動くことができる』というものです。」

「他方,日本の予算編成でよく出される『メリハリのある予算』『少子高齢化時代の課題に対応できる予算』…などという方針では,組織は大改革に踏み出せません。このような抽象的なスローガンは,ごく当然のことを言っているだけで…」同書126頁

私のお付き合いさせてもらっている,成功している会社の社長は,会社の規模に関わらず,大事にしているものが明確でシンプルだな,と思いました。

 

 

3 トップが欲しい情報,資料

「トップは比較優位がパッと分かる資料が欲しい」

「職員が僕のところに持ってきた書類で,一番ムダだと思ったのは,口頭で説明できることが書いてある書類です。経緯や背景事情について説明文や解説文などは,わざわざ書類に書く必要はありません。それらは口頭で完結に説明してくれれば十分です。」

定性評価で見て,『この観点ならA案が比較優位』『この観点ならB案あが比較優位』ということがきちんと整理してある資料は,いい資料です。」同書185頁から186頁。

もうね,これはすべてのビジネス文書がそうですね。口頭での説明ですら,そうです。

 

背景事情を後回し,という点は我々が裁判所に出す書面もそうです。

例えば訴状では,結論である「請求の趣旨」を冒頭に書いたうえで,結論を導くの骨格である「請求の原因」を,背景事情・経緯たる「関連事実」とを書き分けます。

なぜか,こういうことができる人ばかりじゃないですよね。

 

比較優位という視点は,特に弁護士実務ついて,司法修習でさんざん勉強させられるました。

例えば,「相手方に1000万円を請求する」という目標があるとすと,それを実現する複数の法律構成(法律上の根拠,理由)があって,どの法律構成をとるのが最もよいか,比較優位を検討するわけです。

いわゆる文系の世界では,唯一絶対の正解はなくて,複数のベターな正解から1つを選ばなければいけません。比較優位という視点はとても大事ですね。