2019年12月

令和元年改正対応!養育費,婚姻費用算定ソフト「養育番長(β版)」リリース

【「養育番長(β版)」リリースのお知らせ】

1 リリースの経緯

令和元年12月23日付で最高裁が新しい養育費・婚姻費用の算定表を発表しました。

また,同日付で司法協会編『養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究』(以下,「実証的研究」といいます。)も発表されました。

これにより,20年ぶりくらいに,家裁における養育費・婚費算定実務が代わります。

そこで,当職は「実証的研究」を踏まえ,算定表を見るまでもなく簡易・迅速に養育費・婚費を計算できるソフトをエクセルで作成しました。

「養育番長」と名付けます。

 

 

2 使用方法,使用上の注意等

セルの色のついたところのみ,入力してください。養育費・婚費が算定されます。

使用上の注意については,本ソフトの3つ目のシートの「使用上の注意」を必ずご覧ください。

基本的には,私的利用についてはご自由にお使いいただいて構いません。

ただし,裁判所に提出する場合には当職宛てに一報いただき,個別の許諾を得るようにしてください。

 

当職は計算結果を保証するものではありません。

とりわけ,権利者の方が高収入である場合には「権利者の収入額が義務者の収入額と同一の場合に義務者が支払うべき費用を養育費の限度額とする」(「実証的研究」14頁)例外則があります。その他,実務上はいろいろな例外則があります。できれば法律専門家にご相談ください。

おそらく,計算式は誤っていないと思いますが,念のためしばらくは「β版」とします。

 

 

3 ダウンロード方法

下記のURLからダウンロードの上,ご使用ください。

養育番長(β版)ダウンロード