2016年

コメダ珈琲店舗外観差止仮処分決定・東京地裁平成28年12月19日決定

東京地裁平成28年12月19日決定
(1)事案の概要
 「珈琲所コメダ珈琲店」を運営するコメダ珈琲株式会社(以下,特に区別せず「コメダ珈琲」といいます。)が,「マサキ珈琲」を運営する株式会社ミノスケ(以下,特に区別せず「マサキ珈琲」といいます。)に対して,コメダ珈琲の①店舗外観及び②飲食物と食器の組み合わせによる表示が,コメダ珈琲の営業表示に当たるとして,不正競争防止法第2条1項1号又は2号に該当する旨主張して,使用の差止を求めた。

(2)判決要旨
ア 店舗外観について
「店舗の外観(店舗の外装,店内構造及び内装)は,…場合によっては営業主体の店舗イメージを具現することを一つの目的として選択されることがある上,①店舗の外観が客観的に他の同種店舗の外観とは異なる顕著な特徴を有しており,②当該外観が特定の事業者…によって継続的・独占的に使用された期間の長さや,当該外観を含む営業の態様等に関する宣伝の状況などに照らし,需要者において当該外観を有する店舗における営業が特定の事業者の出所を表示するものとして広く認識されるに至ったと認められる場合には,店舗の外観全体が特定の営業主体を識別する(出所を表示する)営業表示性を獲得し,不競法2条1項1号及び2号にいう「商品等表示」に該当するというべきである。」コメダ珈琲の店舗外観は「特徴が組み合わさることによって一つの店舗建物の外観としての一体性が観念でき,統一的な視覚的印象を形成しているということができるところ,これら多数の特徴が全て組み合わさった外観は,建築技術上の機能や効用のみから採用されたものとは到底いえず,むしろ,コメダ珈琲店の標準的な郊外型店舗の店舗イメージとして,来店客が家庭のリビングルームのようにくつろげる柔らかい空間というイメージを具現することを目して選択されたものといえる」。(店舗外観の特徴を更に摘示し,コメダ珈琲の店舗外観の周知性等について摘示した上で)コメダ珈琲の店舗外観は「不競法2条1項1号及び2号所定の「商品等表示」に該当するというべきである。」
イ 食品と容器の組み合わせによる表示について
「一般に,…提供商品たる飲食物とその容器との組合せ(対応関係)が営業主体を識別させる機能を有することはまれであるとみられる。…来店者や視聴者等の中で,これらの対応関係・組合せに気を留め認識するに至った者がどの程度いるかは甚だ疑問である。」コメダ珈琲の食品と容器の組み合わせは「不競法2条1項1号及び2号所定の「商品等表示」に該当するということはできない」。
ウ 混同のおそれ
両当事者の店舗外観は「…全体として酷似していることは明らかである。…相違点を考慮しても,…全体として類似していることを否定することはできない。」
エ 保全の必要性
 マサキ珈琲は,コメダ珈琲の「主宰するフランチャイズチェーンへの加入希望がかなわないとなるや,…酷似した外観を有する…店舗を建設し,現在に至るまで…使用を継続しているのであって,これにより…混同が生じ,その結果,」コメダ珈琲は「需要者の誤認混同やブランドイメージの稀釈化による有形無形の不利益を被っているものとみられる。…本件申立てを受けた後も,特にこれを改める気配はなく,かえって…「マサキ珈琲」2号店を設けるに至っている。」「保全の必要性があるというべきである。」

(3)コメント
 店舗の外観(内装含む)について,不競法により差止が認められた初の裁判例と思われます(以前,「鳥貴族」vs「鳥二郎」事件が話題になりましが,和解で終わりました)。 一方,商品と容器との組み合わせはこれに該当しないと判断されました。
 不競法は企業や製品のブランドイメージを保護する(側面のある)法律で,店舗の外観にはブランドイメージが化体することがあります。本決定は,コメダ珈琲が店舗において長年に渡り形成してきたブランドイメージを重視した判断といえるでしょう。

フランク三浦事件・知財高裁平成28年4月12日判決

知財高裁平成28年4月12日判決
(1)事案の概要
 高級時計であるフランク・ミュラーを販売する「エフエムティーエム ディストリービューション リミテッド」(以下「フランク・ミュラー側」といいます。)が,『フランク三浦』の登録商標を持つ株式会社ディンクス(以下「フランク三浦側」といいます。)に対し,『フランク三浦』は引用商標『フランク ミュラー』『FRANCK MULLER』等に類似していること等を理由に,本件商標『フランク三浦』の無効審判を求めた(以下,二重括弧内は商標を表します)。
 第一審に相当する特許庁は,『フランク三浦』は『フランク ミュラー』等と称呼・観念において類似すること,両者が誤認混同を生ずること等を理由として,本件商標『フランク三浦』の無効審判をした。
 これに対し,フランク三浦側は当該無効審判の取り消しを求めて,第二審に相当する知財高裁に提訴したのが本件である。
(2)判決要旨
ア 本件商標と引用商標の類否について
 『フランク三浦』と『フランク ミュラー』は,称呼において類似するが,両者は「その外観において明確に区別し得る。」『フランク三浦』からは「日本人ないしは日本と関係を有する人物との観念が生じるのに対し,」『フランク ミュラー』「からは,外国の高級ブランドである被告商品の観念が生じるから,両者は観念において大きく相違する。」
 同様に,『フランク三浦』と『FRANCK MULLER』の「称呼は類似するものの,観念においては大きく相違する。そして,…その外観において明確に識別し得る。」
イ 検討
フランク・ミュラー側「使用商標は, 外国ブランドである被告商品を示すものとして周知であり,本件商標の指定商品は被告商品と,その性質,用途,目的において関連し,本件商標の指定商品と被告商品とでは,商品の取引者及び需要者は共通するものである。しかしながら,他方で,本件商標と被告使用商標とは,生じる称呼は類似するものの,外観及び観念が相違し,かつ,…本件商標の指定商品において,称呼のみによって商標を識別し,商品の出所を判別するものとはいえないものである。かえって,…指定商品のうちの「時計」については,商品の出所を識別するに当たり,商標の外観及び観念も重視されるものと認められ,その余の指定商品についても,時計と性質,用途,目的において関連するのであるから,これと異なるものではない。…本件商標の指定商品の取引者及び需要者において普通に払われる注意力を基準としても,本件商標を上記指定商品に使用したときに,当該商品が被告又は被告と一定の緊密な営業上の関係若しくは被告と同一の表示による商品化事業を営むグループに属する関係にある営業主の業務に係る商品であると誤信されるおそれがあるとはいえないというべきである。」

(3)コメント
 商標(ロゴマーク)が類似しているか否かは,外観,称呼,観念の3点を総合考慮して決せられます。この点,『フランク三浦』と『フランク ミュラー』ないし『FRANCK MULLER』とは,似ていないし,消費者が販売元等を誤認混同するおそれはない,という指摘は判決のとおりでしょう。

 ただ,『フランク三浦』の時計はフランク ミュラーのいわゆるパロディ商品でしょう。フランク ミュラー側は,『フランク三浦』が『フランク ミュラー』にフリーライド(タダ乗り)している,と主張してきました。しかし,このフリーライドの問題は,商標法上の類似問題とは切り離して考える,というのが本判決の考えです。
 

 ところで,最近ですとコメダ珈琲事件で東京地裁がコメダ珈琲のブランドイメージを重視して,不正競争防止法に基づく差止めを認めました。

コメダ珈琲事件

 フランク ミュラー側は今後,不正競争防止法で勝負する可能性があるでしょう。

※この論点について,判決が出ました(平成30年11月19日追記)

マリカー事件・東京地裁平成30年9月27日判決